スポンサーサイト

2016.12.19 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    『CanCam』5月号の付録はなんとモノトーンカラーのピカチュウのポーチ! 「遺影みたい」「顔色悪い」とTwitterで話題に

    2015.04.02 Thursday

    0

      『CanCam』5月号の付録はなんとモノトーンカラーのピカチュウのポーチ! 「遺影みたい」「顔色悪い」とTwitterで話題に

       

      3月23日発売の『CanCam』5月号(小学館)の付録がTwitter上で話題になっています。どんな付録かというとあの大人気キャラクター、ピカチュウのポーチなのです。

      画像と動画をもっと見る

      ピカチュウのポーチ、超かわいいじゃん! と思いきや、いつもの黄色じゃなくてモノトーンカラー。Twitter上では「ピカチュウの遺影みたい」などの声があがっています。

      注目を集めているのは、今月号の『CanCam』の「ピカチュウ顔ポーチ」。同誌の公式サイトによると、「世界初! 思いっきり大胆なブラックピカチュウの顔がそのままポーチになっております」(同サイトより引用)とのことです。

      つまり、モノトーンカラーのピカチュウのポーチなのですが、Twitterユーザーの間では「死んだピカチュウ」みたいだと話題に。確かに、こんな顔色悪……大人っぽいピカチュウはなかなかありませんものね!

      Twitterユーザーからは、次のような声があがっています。

      「妖怪のせいなのね」
      「あの猫にやられたのか」
      「これは、欲しい!」
      「かわいすぎ」
      「遺影ですねwwww」
      「じわじわくる」
      「確かにお亡くなりになってる」
      「顔色悪い」
      「なぜ黄色じゃないんだ……」

      それにしても、『CanCam』の付録がピカチュウのポーチというのも驚きです。先月号はドラえもんのポーチだったみたいだし……次号は、あの妖怪ニャンコのポーチだったりして。

      参照元:CanCam、YouTube / CanCam
      執筆=夢野うさぎ (c)Pouch