スポンサーサイト

2016.12.19 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    老人施設で12人が結核感染、入所者1人死亡

    2015.02.07 Saturday

    0
       茨城県利根町もえぎ野台の介護老人保健施設「もえぎ野」は6日、施設の利用者5人と職員7人の計12人が結核に集団感染し、このうち入所者1人が結核で死亡し、利用者2人が肺炎で死亡したと発表した。

        同施設と県によると、入所していた90歳代男性は昨年9月に結核と診断され、10月に医療機関で死亡した。保健所が今年1月までに接触者の検査をした結果、利用者の男女4人と施設職員7人が結核に感染していたことが判明。

        このうち利用者の70歳代男性は昨年11月に結核と診断され、12月に肺炎で死亡した。80歳代女性も12月に結核性胸膜炎と診断され同月、肺炎で死亡した。利用者の残る2人は快方に向かっている。職員7人は発症していない。

        保健所が死亡した利用者らの菌を調べた結果、同一の感染源と判明した。