スポンサーサイト

2016.12.19 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    「妻は家族」で「君は恋人」。身勝手な不倫がやめられない男

    2015.04.14 Tuesday

    0

      「妻は家族」で「君は恋人」。身勝手な不倫がやめられない男

       

      最近、出会い系サイトの男性の半数以上は既婚男性。家庭内不和が理由ではなく、家庭は円満でお子様もいます。しかし、彼らは言います「妻は家族だから」と。家族は妻ではなく、ましてや恋愛対象でもないのです。

      浮気の46%は知り合いと…!? 彼女・妻の浮気危険度診断

      ■既婚男性にとって、もう妻は”女”ではない!?

      出会い系などのサイトに登録している男性の半分以上は既婚者の方です。そして、そのほとんどの方が奥様やお子様を大事にしていて、家庭内不和などが理由で登録しているわけではありません。
      なぜ、既婚男性(中には既婚女性の方も多くいます)は、愛して結婚したはずのお相手を放って、他の人との出会いを求めるのでしょうか。

      彼らに理由を聞くと、一様に「妻は大事だけど、もう家族になっちゃってるからねぇ」というような答えが返ってきます。家族=”女”ではない、ということのようです。大事と言いながら、心惹く対象にはならないという、不思議な状況に陥っているのです。結婚したことのある方や、長く恋愛期間のあった方なら、理解できてしまうかもしれません。

      「恋」がやがて、「愛」に代わり、果てに「家族愛」という、子供や親にも感じる、「情」のようなものになってしまう。それも、素敵なことの筈です。でも、我慢できないのが人間の性、というものなのでしょう。

      ■擬似恋愛を求める既婚者達

      既婚者達(上では「既婚男性」としましたが、既婚女性の擬似恋愛も多いので、ここからは「既婚者」とします)は、ある一定の確率の人々は常に恋愛を求めています。全く恋愛に興味のない、という人も何人かはいるでしょうが、やはり少数派でしょう。その裏付けとして、一部の既婚女性達は、アイドル、スター、スポーツ選手等のおっかけに夢中です。これも一種の擬似恋愛でしょう。

      また、既婚男性たちは、接待や付き合いと称して、女性のサービスのある店に出入りしたりします。その場限りとはいえ、これも擬似恋愛の一種と言えなくもありません。そして、今一番、世に多い擬似恋愛が「出会い系サイト」です。簡単に入会でき、気軽に知り合うことができ、そして簡単に「気軽な付き合い」「一夜限りの付き合い」に発展させることが可能なのですから。

      ■擬似恋愛=不倫意識の低下

      擬似恋愛、と書くと「軽い恋愛」という意味に取れ、悪くないようですが、実態は「不倫」です。既婚者が他の異性と関係することは、総じて「不倫」なのですが、今、その罪の意識はかなり低下しています。しかし、それでいいのでしょうか。擬似恋愛など、所詮はニセモノです。本来ならば、妻(夫)を愛すべきではないでしょうか。キレイ事です。でも、もう一度、我が妻(夫)を見直し、愛してみてはどうでしょう。