スポンサーサイト

2016.12.19 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    遠藤久美子“触りたくなる柔肌”大胆露出 5年ぶりグラビア挑戦「年齢的にも最後かな」

    2015.03.30 Monday

    0

       遠藤久美子“触りたくなる柔肌”大胆露出 5年ぶりグラビア挑戦「年齢的にも最後かな」

       【モデルプレス】女優の遠藤久美子が5年ぶりのグラビアを披露した。
       
       【遠藤久美子5年ぶりグラビアで大胆露出】美くびれあらわなバストギリギリショット&美脚が透けるSEXYショットも!“触りたくなる柔肌” を惜しげも無く披露
       
       3月30日発売の「週刊プレイボーイ」4月13日号にて、今年デビュー20周年を迎えた遠藤がグラビアに登場。誌面では、今だからこそ魅せる大人の美と従来の健康的な可愛らしさの両方を、触りたくなるような柔肌を惜しまず露出することで表現している。
       
       ◆驚きのオファー「年齢的にも最後かな」
       
       1995年にTVCM「マクドナルド 証明写真編」で一躍脚光を浴び、数多くのバラエティ番組に登場した遠藤は、近年女優業を中心に活動しておりデビュー当時からグラビア経験があまりなかったという。5年前の32歳の頃には、戸惑いながらも同誌で“カッコイイ女性”をテーマにグラビアを披露。
       
       ネットでも話題となったが、元々グラビアの仕事は少なかったため、今回のオファーには驚いたそう。しかし、マネージャーからも「やってみない?」と提案され、「『是非!』という気持ちと、『(4月8日で)37歳だよ?』という気持ちの狭間で葛藤しましたが、それこそデビューからCMやバラエティ、歌や芝居とこれまで色々な仕事をしてきた中で、グラビアという“女性の美”を表現するという仕事はゼロに近かったので、『年齢的にも最後かな?』と思って引き受けました」と経緯を明かした。
       
       ◆16歳〜36歳の“遠藤久美子”を堪能
       
       今回、16ページという異例のボリュームで遠藤を特集。この厚さは、写真集以外では『月刊 遠藤久美子』(2003年3月発行・新潮社)以来、雑誌のグラビアにおいては初めて。16ページという分量と、久々のグラビア撮影ということもあって、「自分の中では大きな挑戦でした。『16ページも私で大丈夫かな?見せられて背中くらい…』と不安でしたが、衣装もヘアメイクも綺麗に作って、私を変身させてくれたので、『私、やれる!』と安心して撮影に臨むことができました」と笑顔で撮影を振り返った。
       
       一方で、撮影序盤はスタッフが気遣う程に緊張していたといい「浜辺の撮影で、ふとメイクさんが手にヤドカリを乗せてくれたんです。思わず声を上げて笑ってしまいました。でも、そのおかげで緊張がほぐれました。涙が出るほど実は嬉しかったです」と明かす場面も。
       
       撮影では「明るく元気で、天真爛漫というイメージは、誰もが持っているイメージ。…

      スポンサーサイト

      2016.12.19 Monday

      0
        コメント
        コメントする